西友の取組

※新たに追加された取組は赤字で記載

  • 夏場のマスク着用等で従業員への負荷が想定される中、西友では従業員の熱中症対策に力を入れます(7月3日発表)
    • 売場内で、従業員が水分補給を行う場合があります(従業員は体調管理のためにバックヤードで水分補給を行いますが、レジでは売場から離れられないケースも多々あるため)。
    • ビニールカーテンを設置している有人レジやサービスカウンターの足元にはサーキュレーターを設置し、熱がこもるのを防ぎます。
    • 惣菜の厨房で働く従業員は、クールネック(保冷剤)を着用します。
  • 西友は、楽天と協業する「楽天ネットスーパー」で、5月28(木)より原則すべての注文商品のお届けを非対面とします(感染対策の観点から)。インターホンなどで希望の置き場所(玄関前など)を伝える形で、印鑑・サインは不要、クレジットカードでの支払いのみとなります。
  • レジに入る従業員はマスクを着用します。また、ゴーグルの着用、レジにおける透明シールドの設置もすすめています。
  • 間隔をあけたレジ待ちのお願い(レジ前でのお知らせ掲示と、店内放送を通じて)
  • イートインスペースでは、適正距離を確保したレイアウトに変更。
  • 消毒液を店頭に設置
  • セルフレジ(スグレジ)の使用のお勧め
  • SNS など通じて、混雑時間帯を避けた「オフピークショッピング」をお勧め
  • 感染防止への対策や、お客様への呼びかけ(オフピークショッピングの推奨やソーシャル・ディスタンスの確保)をまとめた動画を5月中旬より公開しています。

7月3日: 感染拡大防止策の継続と、従業員の熱中症対策について
5月22日: 【重要】原則非対面受け取りの開始および代引決済中止について
4月19日: 【更新】緊急事態宣言を受けた取り組みについて
4月10日: 新型コロナウイルス感染症に関する対応について

イオンの取組

  • 5月下旬より全国のイオンモールで専門店の営業を再開しました。再開にあたっては施設内で新たに、AI検温ソリューションを導入しました(顔認識技術と赤外線カメラにより、従業員や来店者の入店時に、体温を瞬時に測定するものです)。また館内出入口に設けた入館管理システムを通じ、混雑度が90%を超えると入場制限を実施する考えです。

  • イオンでは5月より、ネット上で注文した商品を店舗の駐車場で受け取れるサービスを、イオン羽生店(埼玉県)や小山店(栃木県)、熱田店(愛知県)で開始しました。イオンのネットスーパーの買い物画面から商品を注文し、受取先として「店舗」を選ぶ仕組みです。今後、対象店舗を広げる計画です。
  • 4月下旬より、「ゆうゆう優先タイム」として妊婦や高齢者、身体の不自由な人、ヘルプマークを付けたお客様が優先的に買い物できる時間帯(14~15時)を設けています。 ※5月上旬時点で200店超を対象に。またお客様への「協力お願いの動画」の作成を通じて、混雑緩和への協力を呼びかけています
  • お客様が直接手を触れる箇所と買物カートを、アルコールで拭き上げ実施。
  • 総菜のばら売りや試食販売の中止。
  • 店舗の出入口を開放するなど、店内換気の実施。
  • 感染拡大防止についての店内放送の実施。
  • 従業員の感染予防対策
    • 食品担当者と接客部門担当の従業員のマスク着用。
    • 体調チェックリストを活用し、従業員の体調管理を徹底 ※本社スタッフを対象に、スマホアプリを使った健康チェックをスタートしており、順次範囲を拡大していく予定

5月7日: 一部のイオンモールの営業再開および営業再開における感染拡大防止対策について
4月7日: 緊急事態宣言対象地域の店舗営業状況のお知らせ

ライフコーポレーションの取組

  • 「店舗の衛生環境の維持」と「従業員の体と心のリフレッシュ」を図る観点から、5月18日~ 21 日までの間、各店舗で1日間の臨時休業を設定しました。首都圏・近畿にある全275店舗が対象です。
  • 買い物優先時間の設定
    • 開店から一定の時間を、高齢者や妊婦、身体の不自由な方とその介助者への優先時間とします。
  • お客様への「3つのお願い」(少人数での来店、マスクをできる限り着用など)を、折込チラシなどで告知(内容詳細は下欄)。
    • お客様同士の距離が十分に保てないなどの混雑状況により、一時的に入場を制限する場合があります。
  • レジ前に並ぶ待機列の間隔確保
  • 現金以外の決済手段(クレジットカード、電子マネー、スマホ決済)の推奨
  • レストスペースほか、店内一部設備の使用制限、もしくは中止
  • 一部商品の販売点数の制限

5月7日: 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた臨時店休のお知らせ
4月26日: 店内混雑緩和に向けた取組みについて
4月10日: 緊急事態宣言にともなう当社の対応について

(4/23)「お客様への3つのお願い」を発表しました

1.店内混雑緩和のため、「複数名での来店」は出来る限りご遠慮ください
  ※状況により「入場制限」を実施
2.店内では他のお客様との距離を空けてください
  ※レジ前の待機列にはラインを引いています
3.来店時は出来る限りマスク着用の上、入店前には店頭備え付けの消毒液をご使用ください

※ 取組詳細につきましては、下記のプレスリリース(4月23日付)でご確認ください。
http://www.lifecorp.jp/vc-files/pdf/newsrelease/others/20200423message.pdf

イトーヨーカドーの取組

※新たに追加された取組は赤字で記載

  • 新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、ネットスーパーのニーズが高まっており、ネットスーパーの注文を専用で行えるアプリの運用を開始しました(6月15日よりスタート)
  • 「妊婦・高齢者・障がい者」の方々を対象としたレジ『おもいやり優先レジ』を設置(5月2日より新たな取組としてスタート)
    ※全店(食品館、ザ・プライスを除く)の食品売場・食品レジで、14時~16時の2時間実施(緊急事態宣言中の設置を予定)
  • 食品売場レジで、床にテープを貼り、一定の間隔を空けて並んでいただく
  • 店内での試食の中止
  • 店内の清掃、指定箇所の消毒を実施
  • 従業員の感染予防対策
    • マスク着用の励行と手洗い、手指の消毒、うがいの実施
    • 出勤前の検温など、店舗従業員の体調管理

6月15日:ネットスーパー業界初!より便利にご利用いただける『イトーヨーカドー ネットスーパーアプリ』誕生 6月15日(月)より本格運用開始 
5月1日:店舗における感染拡大の防止追加策について
4月7日:新型コロナウイルス感染拡大防止への対応

マルエツの取組

※新たに追加された取組は赤字で記載

  • 6月上旬より、店舗別・曜日別・時間帯別のマルエツ全店舗の混雑状況が確認できるサービスの提供を開始しました。混雑度は前週同曜日のTカードデータを元に分析をしており、スマートフォン向けサービス「マルエツチラシアプリ」「マルエツホームページ」及び「T サイト[T ポイント/T カード]」から確認できます。
  • イートインコーナー等の閉鎖
    • 密集する空間を閉鎖することで感染リスクを軽減します。
  • 惣菜・ベーカリー売場でのバラ売り販売中止 (パック詰め、袋詰めなどに変更して販売)。
  • ソーシャルディスタンスの実施
    • レジで並ぶお客様の密接を防ぐため、一定の間隔で並んでもらうよう、 目印のラインを引くなどの対策を実施。
  • 試食提供の中止
  • お客様用アルコール消毒液の設置(店舗出入口付近に)
  • 従業員の感染予防対策
    • 体調チェックリストを活用し、全従業員の個人体調管理チェックの実施
    • 全従業員のマスク着用の実施
    • 手洗い・アルコール消毒の徹底

6月5日: 「マルエツ店舗の時間帯別混雑状況が確認できるサービスを提供開始
4月10日: 緊急事態宣言に伴う当社の取組みについて

オーケーの取組

  • お客様の来店状況により各店舗の判断で入場制限を行う
    • Googleマップの店舗情報では現在の混雑状況が確認できます。
      各店舗ページにGoogleマップへのリンクがあります。
      ※一部の店舗では混雑状況が表示されていない場合もあります。
  • レジに透明の間仕切りを設置
  • 惣菜・ベーカリー部門のバラ売り販売を中止
  • ドアの開放、給排気ファンの常時稼動による、店内換気を実施
  • 従業員の感染予防対策
    • マスク着用の励行と手洗い、手指の消毒、うがいの実施
    • 就業前に発熱や風邪の症状の有無を確認など、店舗従業員の体調管理

※ 取組詳細につきましては、下記のプレスリリースでご確認ください。
https://ok-corporation.jp/news/entry-979.html

ヤオコーの取組

※新たに追加された取組は赤字で記載

  • マイバッグへの詰め替えサービスの一時中止(カゴにセットされたマイバッグについては、引き続き詰め替え対応を行う)
  • 店内一部設備の使用中止
    • トイレ内のハンドドライヤーの使用中止
    • イートインコーナーを一時閉鎖し、その分サッカー台(お客様が商品を袋に入れる台)を増設 ※準備の整った店から
  • 試食提供の中止
  • 惣菜・ベーカリー部門のバラ売り販売中止(パック詰め、袋詰めなどに変更して販売)。
  • お客様用アルコール消毒液の設置(店舗出入口付近に)
  • ソーシャルディスタンスの実施:レジ待ちのお客様の密接を防ぐため、約160~180cmの 間隔でお待ちいただくよう、目印のラインを引く等の対策 ※対策準備が整った店舗から順次実施
  • 透明フィルムの設置:準備が整った店舗から、レジに透明フィルムを設置 
  • 従業員の感染予防対策
    • 社員の健康チェックの実施
    • 手洗い及びアルコール消毒の徹底
    • マスク着用(店舗で従事する社員は全員)

5月8日:緊急事態宣言にともなう当社の取組みについて
4月10日:緊急事態宣言にともなう当社の取組みについて

サミットでの取組

  • 接触箇所の消毒の強化(5月1日に追加で発表)
    • レジ周りのアルコールでの清掃(タッチパネル・金銭投入口・釣銭払出口・クレジット決済端末機 等)
    • 袋詰めスペースに指先を濡らすための「アルコール入り手ぬらしボール」を設置
    • カゴや買物カートの取っ手部分の消毒
  • お客様への間隔確保のお願い
  • お客様とレジ係との間にレジガード(透明の間仕切り)を設置

 ※ 店舗によって実施方法が異なる場合があります。

  • 総菜のコロッケ・天ぷら・焼きとり等のバラ販売商品を蓋付きバットに陳列し販売
  • 店舗入口等への手指消毒用のアルコールスプレーの設置
  • 試食の中止
  • イートインスペース・キッズスペースの閉鎖 等
  • 従業員の感染予防対策
    • 全員マスク着用および手洗い・アルコール消毒の徹底
    • 出社時の検温および記録
    • 朝礼・ミーティング時の従業員同士の距離確保 等

6月24日: 新型コロナウイルス感染拡大防止に対する取組みの継続について
5月1日 : 新型コロナウイルス感染拡大防止に対する取組みについて(追加・更新)
4月9日 : 新型コロナウイルス感染拡大防止に対する営業体制について

(4/23)各店舗の「混雑する時間帯」の情報提供を開始しました

サミットホームページの各店舗ページに、Google マップの店舗情報へのリンクボタンを設け、現在の混雑状況を確認できるようにしました。
  ※一部の店舗では、グラフが表示されない場合があります。


※ 取組詳細につきましては、下記のプレスリリース(4月23日付)でご確認ください。
http://www.summitstore.co.jp/measure/20200423b.pdf

ベルクの取組

※新たに追加された取組は赤字で記載

  • お身体の不自由な方や高齢者及び妊婦、医療従事者への配慮として、9時~20時の時間帯で優先レジを導入(5月12日発表)
  • 店内の混雑緩和を目的に、買物カゴの数を制限することで店内への入場者数の規制を実施する(5月12日発表)
    ※買物カゴがない場合は補充されるまでお待ちいただく形
    ※一部店舗で実施
  • 事前ネット注文による野菜・果物セットをドライブスルーで受け取れる「ベルクdeドライブスルー」サービスを戸田中町店(埼玉県)にて開始しました。特設ページからネット注文を行い、店舗の駐車場にて商品受取・代金支払いを行う仕組みです。 
  • トレーを介した現金やベルクカードの受け渡し(5月5日から新たな取組として開始) 
    ※クレジットカードでの支払い時はお客様自身で端末にカードを挿入する
  • 袋詰め台での混雑緩和のため、休止中のイートインコーナーを袋詰め台として開放(4月15日から新たな取組として開始)
  • レジにてお客様と従業員の間に透明フィルムを設置
  • レジ待ちのお客様には約 1.8mの間隔を確保するよう、協力をお願い
  • お客様のエコバック、マイバスケット等への詰め替えサービスを休止します
  • 従業員の感染予防対策
    •  レジ従業員はマスク及び手袋を着用
    •  手洗い及びアルコール消毒の徹底
    •  通常の衛生管理に加え、出勤時に体調チェックを行う

5月20日: 野菜や果物を安全・安心にお渡し「ベルク de ドライブスルー」サービス開始
5月12日: 優先レジの導入と買い物カゴによる入場規制の開始
5月5日 : レジお会計時の運用変更について
4月20日: 「新型コロナウイルス感染予防および袋詰め台での混雑緩和対策」実施のご報告
4月8日 : 緊急事態宣言にともなう当社の対応について

いなげやの取組

  • レジ従業員のフェイスガード着用(5月6日追加発表)
  • 店頭ポスターでのお客様への周知・啓もう活動の強化(5月6日追加発表)
  • レジ従業員とお客様との飛沫感染の防止
    • レジでの透明フィルムの設置
    • レジでの読み上げ登録やお声掛け(キャンペーンなど)は、極力控えます
  • マイバッグへの袋詰めを中止
  • 試食、試飲販売の中止
  • 惣菜、手作りパンのバラ売り販売の原則中止
  • 従業員の感染予防対策
    • 全従業員にチェック表を活用した体調管理の徹底
    • 全従業員がマスクを着用し、レジ従業員は衛生手袋を着用

5月6日:緊急事態宣言延長に伴う取り組みについて(追加・更新)
4月17日:緊急事態宣言全国拡大に伴う当社の取り組みについて

原信・ナルスの取組

  • ポスターを通じて店内混雑度を図で示し、買い物時間の分散を呼び掛けます(5月18日追加発表)
  • 土曜夕市、日曜朝市の一時中止(過度な混雑を緩和するため)
  • ソーシャルディスタンスの実施
    • レジでお並びのお客様へ間隔確保のお願い(お客様が並ぶ目安ラインを設置)
    • カフェコーナーの席の間引き
  • レジに飛沫対策シートの設置
  • 惣菜・ベーカリー部門のバラ(裸)売り販売の中止
  • 全ての試食提供の中止
  • 店舗入り口等へのアルコールスプレーの設置
  • 従業員の感染予防対策
    • 社員の出勤前体温確認を含む健康チェックと手指消毒の徹底、 マスクの全員着用
    • 全レジ従業員の足元にアルコールスプレーを備え置いたのに加え、レジ従業員は2時間毎の手洗いうがい時間の強制確保
    • 作業室で定められた箇所の日中定時アルコール消毒

※ 最新の取組詳細につきましては、
「新型コロナウイルス感染拡大防止に対する取り組みについて (5/18更新版)」
ご確認ください。