投稿者「dei-taisaku」のアーカイブ

近鉄百貨店の取組

近鉄百貨店のあべのハルカス近鉄本店は、8月中旬から混雑時の入場制限を開始しました。
全館の来客数を入場者ベースで管理し、全館の滞在者数が一定の基準を
超えた場合は1階からの入場を不可とした上で、地下の入り口を4カ所から2カ所に絞ります。
また従業員による売場巡視を強化し、お客様の混雑状況の改善に努めます。

8月14日には「大切なお客さまへ 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた『ご協力のお願い』」を公表し、お客様への協力を呼び掛けています。

食料品などの備蓄

※21年9月アップデート
新型コロナウイルス感染症で家族に陽性者が出ると、同居家族は濃厚接触者に該当し、
一定期間の自宅待機が要請されます。スーパー等への買い物にも行けなくなり、
食事や日常生活に支障をきたす可能性も出てきます。
 こうしたケースに備え、食料品や日用品を家庭内に一定量、備蓄しておくことが
有効です(必要な食料を家族で相談したり、リストアップしてみることもお勧め)。
以下は沖縄市がホームページ上で参考としてまとめた備蓄リストです。

備蓄用 食料品リスト例 ※大人1人(1週間分)の目安

入場に関する制限

※21年8月アップデート
8月以降、感染力の強いデルタ株の影響が広がっていることを受け、大手百貨店やショッピングモールでは、施設・館内への入場を制限する動きが出ています。

・高島屋は百貨店などグループ商業施設の食料品フロアで、混雑状況により入場制限を始めました(8月14 日以降より順次始め、期間は当面の間)。食料品フロアへの入場制限にあたっては、出入口の数を絞り込むほか、エスカレーター・エレベーターの稼働を制限するなど、各商業施設の利用状況に応じて機動的な対応に努めるとのことです。食料品以外のフロアでも、売場ごとの混雑の状況に応じ、レジ待ちの際の間隔確保や入場制限などの対応を図ります。

・大丸松坂屋百貨店では、館内の混雑制限に向けて8月14日以降より、入店制限を実施しています。店ごとに滞留顧客数の上限基準を設定したうえで、入店者数を制限します。これに伴い、店舗内の滞留顧客数を表示するモニターを店頭に設置し、混雑状況を可視化することにも取り組みます(モニター設置については整い次第、順次実施)。

・イオンモールでは、8月上旬より施設の大きさや換気機能に基づき、入場制限の基準となる「混雑度」を独自に算出し、スマホ向けアプリで常に広報するという対応を進めています。館内混雑度50%を目安とし、大幅な上昇が予想される場合は、出入口開放により換気を強化するほか、段階的に入場制限を実施します。
このほか各地域の感染状況に応じて、換気が十分にされているかを確認するため、フードコートにてCO2濃度の計測を実施します。
※写真はイオンモール川口で掲出されている、CO2濃度を計測するデジタルサイネージ(21年4月に取材撮影)

髙島屋の取組

高島屋は百貨店などグループ商業施設の食料品フロアで、混雑状況により入場制限を行うことを発表しました。8月14 日以降より順次始め、期間は当面の間としています。食料品フロアへの入場制限にあたっては、出入口の数を絞り込むほか、エスカレーター・エレベーターの稼働を制限するなど、各商業施設の利用状況に応じて機動的な対応に努めるとのことです。食料品以外のフロアでも、売場ごとの混雑の状況に応じ、レジ待ちの際の間隔確保や入場制限などの対応を図ります。

大丸松坂屋百貨店の取組

大丸松坂屋百貨店では、館内の混雑制限に向けて8月14日以降より、入店制限を実施することを発表しました。店ごとに滞留顧客数の上限基準を設定したうえで、制限を実施します。また店舗内の滞留顧客数を表示するモニターを店頭に設置し、混雑状況を可視化することにも取り組みます(モニター設置については整い次第、順次実施)。
また施設内での従業員間の感染を防ぐため、更衣室や化粧室、休憩室、エレベーターなどに紫外線除菌装置などを増設します。

イオンモールの取組

イオンモールでは、8月上旬より施設の大きさや換気機能に基づき、入場制限の基準となる「混雑度」を独自に算出し、スマホ向けアプリで常に広報するという対応を進めています。館内混雑度50%を目安とし、大幅な上昇が予想される場合は、出入口開放により換気を強化するほか、段階的に入場制限を実施します。
このほか各地域の感染状況に応じて、換気が十分にされているかを確認するため、フードコートにてCO2濃度の計測を実施します。
※写真はイオンモール川口で掲出されている、CO2濃度を計測するデジタルサイネージ(21年4月に取材撮影)

ノジマの取組

※21年8月アップデート
家電量販店のノジマは、ワクチンの2回接種が完了した従業員に対して「ワクチン接種済みシール」を発行し、接客時にシールを貼った名札を着用して接客する取り組みを今夏スタートしました。ノジマでは7月初旬よりワクチン接種を希望するノジマグループ全従業員とその家族に対し職域接種を進めていました。

「ワクチン接種済みシール」で接客

※21年8月アップデート
家電量販店のノジマは、ワクチンの2回接種が完了した従業員に対して「ワクチン接種済みシール」を発行し、接客時にシールを貼った名札を着用して接客する取り組みを今夏スタートしました。ノジマでは7月初旬よりワクチン接種を希望するノジマグループ全従業員とその家族に対し職域接種を進めていました。来店客や従業員にとって安心できる環境を整える、有効な取り組みと言えます。

セブン-イレブンの取組

※21年5月アップデート            (店舗によって実施状況は異なります)

店舗では以下の対策・取り組みを進めています。

間仕切りシートの設置
レジカウンターのお客様と従業員の間に、環境にやさしいリサイクル素材を使用した透明の間仕切りを設置し、飛沫の飛散を防止します。

レジ待ち間隔の確保
レジ待ちのスペースの床に、お客様同士の距離を空けてもらう目安になるサインを設置しています。

お客様用除菌スタンドの設置
店舗入口周辺に、お客様が使用する除菌スタンドを設置しています。

イートイン利用制限
座席を間引いたり、テーブルに間仕切りのアクリル板を設置しているほか、状況に応じて利用制限を実施しています。

「おでん鍋」前面に透明アクリルカバーの設置

※ 取組詳細につきましては、同社サイトの下記ページでご確認ください。
https://www.sej.co.jp/info/measures2004.html

西友の取組

※21年9月アップデート

・西友は、感染防止対策の負担が続いている現場への慰労を目的とし、店舗や物流センター、製造工場などで勤務する従業員約3万2000人に対し、特別一時金を10月15日に支給することを発表しました。総額は3億5000万円で、1人あたり1万円超を支給することになります。

このほか主に以下の対策を推進しています(21年9月現在)

・お客様が直接手を触れる可能性のある作荷台やセルフレジ画面等について、毎日清掃およびアルコールによる拭き上げ消毒を行います。
・ 間隔をあけたレジ待ちのお願い(床マーカーを設けるとともに店内放送でアナウンス)。
・ 有人レジにおいては、飛沫防止のシールドを設置。および セルフレジ(スグレジ)の使用をお勧めします。
・ ポスター等を通じて、お客様に「オフピークショッピング」をお勧めします。
・ イートインスペースでは適正距離を確保したレイアウトに変更
・惣菜のバラ売りを中止し、パック詰め、袋詰めで販売
・全従業員が毎日出社前の体温測定を行います。また、手洗いと消毒、うがいによる感染予防、食事と休養を適切にとって、体調管理を行うことを指示しています。

イオンの取り組み   

※21年5月アップデート

  • イオンでは、グループの店舗施設や従業員の感染防止に向けた対策指針を取りまとめた「新型コロナウイルス防疫プロトコル」を20年度後半より策定しており、取り組みを順次更新しています ※ 最新の改定分は21年4月21日付

21年5月現在で推進する主な取り組み
・ 施設内換気と空気浄化
イオンの施設の多くで、エアコンとは別に機械換気システムを備え一定の割合で施設
内の空気が入れ替わるように外気を取り込んでいます。なお、機械換気システムが無い小型店舗においては、出入口を開放します。大型SCでは、デジタルサイネージにて混雑度をお知らせしています。
・ 混雑時の入場制限
 距離を確保するため1人あたり基準面積を4㎡/人とし、施設ごとに入場数の上限を決      めています。状況により入場制限を実施します
・ お客さまが交錯しないよう入口と出口を設定
  手指消毒を実施いただけるようアルコール消毒液を設置します
・ 接客・レジカウンターに飛沫防止アクリルボードを設置
・ 優先対象レジの設定
 高齢者・妊娠中・障がいをお持ちのお客さまが出来るだけ短時間でお買い物が出来る環境を提供します
・ 距離確保の目印の貼付
 レジ待ち等、お客さまにお並びいただく必要がある箇所には、距離確保の目印(足形マーク)を2m~1m間隔で貼付します。 会計後に袋詰めをする台(サッカー台)には、飛沫防止アクリルボードを設置します。
・ 飲食時の距離の確保
  フードコート・イートインコーナーのテーブルには、飛沫防止アクリルボードを設置します。また、距離確保(2m~1m)の為、座席の間隔をあけます。
 ・トイレ・手洗い場(洗面台)に自動水栓の導入を推進
(水栓に手を触れる必要がないように)

 

イトーヨーカドーの取組

※21年5月アップデート

・イトーヨーカドーでは以下に掲げた対策を推進しています

①店内での取り組み
・飛沫防止対策として、レジやサービスカウンターに透明パーテーションを設置。
・買い物カゴ、カートの定期的な消毒
・レジ待ちでの間隔確保に向けた、足形サインの貼り付け

②バックルームでの取り組み
・ストアスタッフの入店時の検温
・調理場をオゾン水で消毒
・定期的なまな板消毒
・事務所や食堂にパーテーション設置

このほか、各店の食品売り場で14時〜16時の間、妊婦や高齢者・障がい者の方が優先利用できる「おもいやり優先レジ」を設置しています。

混雑緩和 

詳細はこちら

※21年5月アップデート

チラシ配布の自粛

 特売チラシを新聞折込などを通じて各世帯に配ると、特売日には通常よりも多くの買い物客が来店します。緊急事態宣言の発令期間など、感染防止が強く要請されるケースでは、自主的にチラシ配布を自粛するスーパーが目立ちます。
(例:21年4月の緊急事態宣言発令を受けた、ライフコーポレーションによるチラシ自粛の告知

 なおチラシ配布は取り止めるものの、その時々のお買い得商品を伝達する目的で、店内にはチラシを置いているケースもあります。

特売期間を長めに設定

 お得な買い物を指向することから、特売は継続して欲しいという消費者の声は根強くあります。このため特売期間を長めに設定する(対象日を1日→3日間に広げる等)ことで、来店客の分散化を図るケースも増えています。
 またスーパー各社で買い物アプリを通じて、買い物ポイントを付与する商品を紹介するケースも増えており(期間中に購入すると20ポイント付与など)、買い物アプリの利便性が向上しています。

時間分散のお願い (協会団体より)

 全国スーパーマーケット協会の20年度調査によると、新型コロナ感染拡大前後で、スーパーでの買物時間帯を夜から昼にシフトした世帯が多くなっていることがわかりました。このため、以前から昼に買い物をしていた消費者と、利用時間帯が重なってしまい、店舗が混雑しやすくなっているとのことです。
スーパーの混雑緩和に向けて、協会では「消費者に買物時間帯の分散への協力をよびかけることが有効と考えられます」としています。 
※20年公表 「新型コロナウイルス感染拡大の買物行動への影響」に関する消費者調査

 

オフピークタイムでの買い物

昨今においては、品薄商品を求めるお客様などで開店直後の朝から、店内が混雑するケースがあります(とくにレジ前が緊密に)。一方、在宅勤務の広がりから、仕事帰りの買い物客が以前よりも減り、夕夜間帯は人混みが少なくなっています(以前と比べ、来店の流れが変わっている)。
 これを受け小売企業の間では、時間帯ごとの混雑状況をグラフ等で示して、オフピークの買い物を促す動きが広がっています。

 【ケース1】 光洋の取組
光洋では、各店のリアルタイムでの混雑状況を提供し、混雑緩和のためにピークタイムを避けた買い物をよびかけています。

 【ケース2】 広島県のスーパー「フレスタ」の取組
フレスタでは、店内が混雑することを避けるため、Twitterを通じて、時間帯による混雑状況をグラフで示して、オフピークタイムでの買い物を呼びかけています。

 【ケース3】 ローソンの取組
店舗ごとにお客様の来店データを分析して、「比較的混雑している時間帯」と「混雑が少ない時間帯」を明示したポスターを店頭に掲出。安心して買い物できる時間をわかりやすく案内する取組を4/22よりスタートしました。 ※ 店舗の立地(住宅街、駅前etc)によって混雑時間帯は異なります。それぞれの店舗の混雑時間状況を本部でデータ分析し、各店に応じた混雑時間帯の情報をポスター掲出する形です。

 

ウエルシアの取組

※21年5月アップデート

ウエルシア店舗では以下に掲げるような対策に取り組んでいます

  • 飛沫感染の防止に向けた、レジカウンターでの透明仕切りの設置
  • 入口開放などによる換気の徹底
  • 従業員の感染予防対策
    • 従業員の毎日の体調チェック
    • 従業員のマスク着用と、手洗いの徹底
  • スマホ向けサービス「ウエルシアグループアプリ」を通じて、店舗別・曜日別・時間帯別にウエルシアグループ店舗の混雑状況が確認できるサービスの提供
    ※ 本サービスの概要(プレスリリース)
    ウエルシアグループ店舗の時間帯別混雑度チェックサービスをアプリで提供開始

また20年末より、ウエルシア薬局の各店舗で、店舗換気を強化する設備工事を進めています(換気設備の強化により、店舗売り場の必要換気量を一人あたり毎時20㎥から30㎥へ向上)。施工実施店舗⼊⼝のガラス面には、施工が済んだことを知らせる表示ステッカーを貼付けます。

ファミリーマートの取組

※21年5月アップデート            (店舗によって実施状況は異なります)

ファミリーマートでは飛沫防止シートの設置や、レジ前での間隔確保、コイントレーの推奨など、以下に掲げた対策を推進しています。

※ 取組詳細につきましては、同社サイトの下記ページでご確認ください。
https://www.family.co.jp/info/info_2020/info_2004.html