投稿者「dei-taisaku」のアーカイブ

セルフ会計の新しいサービス

感染への警戒意識から、「他者との接触を避けたい」というお客様は少なくありません。とくに会計時はレジ待ち客や従業員との距離が近づくため、各社間で対策に力が注がれています。
 こうした中、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)は、購入する商品を専用アプリで読み取り、レジに並ばずに決済できる「Scan&Go」サービスを、今夏から本格展開しています(傘下のカスミ26店舗で展開中 ※7月時点)。

利用の流れは――
①購入商品のバーコードを専用アプリでスキャンし、買い物カゴに入れる。
※1 野菜など、バーコードがない商品は、棚にあるバーコードをスキャン。
※2 購入を取りやめる商品は、アプリ上で購入取り消しの操作をし、商品を棚に戻す。

② 買い物を終えたら(各商品をスキャン済み)、専用レーンに移動。

③ 買い物終了時にアプリ上に表示されるQRコードを、読み取り機にかざすと、決済が終了。
※ 商品の購入個数に間違いがないか、従業員が最後に目視チェックします

―― と簡単に済みます。
本格展開にあたり、一定期間、店内従業員に「Scan&Go」を試行的に利用をしてもらい、操作性や機能の改善に努めてきました。
 今回取材・撮影したカスミ オリナス錦糸町では、6月前半から導入がスタートしました。約1か月が経過した時点で、買い物客の約1%が「Scan&Go」を利用するなど一定の支持を得ており、今後の広がりが予想されます。
 当店は商業施設内で営業していることから、USMHでは混雑する昼食の時間帯などでの、 「Scan&Go」の利用増に期待を寄せています。

西友の取組

※新たに追加された取組は赤字で記載

  • 夏場のマスク着用等で従業員への負荷が想定される中、西友では従業員の熱中症対策に力を入れます(7月3日発表)
    • 売場内で、従業員が水分補給を行う場合があります(従業員は体調管理のためにバックヤードで水分補給を行いますが、レジでは売場から離れられないケースも多々あるため)。
    • ビニールカーテンを設置している有人レジやサービスカウンターの足元にはサーキュレーターを設置し、熱がこもるのを防ぎます。
    • 惣菜の厨房で働く従業員は、クールネック(保冷剤)を着用します。
  • 西友は、楽天と協業する「楽天ネットスーパー」で、5月28(木)より原則すべての注文商品のお届けを非対面とします(感染対策の観点から)。インターホンなどで希望の置き場所(玄関前など)を伝える形で、印鑑・サインは不要、クレジットカードでの支払いのみとなります。
  • レジに入る従業員はマスクを着用します。また、ゴーグルの着用、レジにおける透明シールドの設置もすすめています。
  • 間隔をあけたレジ待ちのお願い(レジ前でのお知らせ掲示と、店内放送を通じて)
  • イートインスペースでは、適正距離を確保したレイアウトに変更。
  • 消毒液を店頭に設置
  • セルフレジ(スグレジ)の使用のお勧め
  • SNS など通じて、混雑時間帯を避けた「オフピークショッピング」をお勧め
  • 感染防止への対策や、お客様への呼びかけ(オフピークショッピングの推奨やソーシャル・ディスタンスの確保)をまとめた動画を5月中旬より公開しています。

7月3日: 感染拡大防止策の継続と、従業員の熱中症対策について
5月22日: 【重要】原則非対面受け取りの開始および代引決済中止について
4月19日: 【更新】緊急事態宣言を受けた取り組みについて
4月10日: 新型コロナウイルス感染症に関する対応について

イオンの取組

  • 5月下旬より全国のイオンモールで専門店の営業を再開しました。再開にあたっては施設内で新たに、AI検温ソリューションを導入しました(顔認識技術と赤外線カメラにより、従業員や来店者の入店時に、体温を瞬時に測定するものです)。また館内出入口に設けた入館管理システムを通じ、混雑度が90%を超えると入場制限を実施する考えです。

  • イオンでは5月より、ネット上で注文した商品を店舗の駐車場で受け取れるサービスを、イオン羽生店(埼玉県)や小山店(栃木県)、熱田店(愛知県)で開始しました。イオンのネットスーパーの買い物画面から商品を注文し、受取先として「店舗」を選ぶ仕組みです。今後、対象店舗を広げる計画です。
  • 4月下旬より、「ゆうゆう優先タイム」として妊婦や高齢者、身体の不自由な人、ヘルプマークを付けたお客様が優先的に買い物できる時間帯(14~15時)を設けています。 ※5月上旬時点で200店超を対象に。またお客様への「協力お願いの動画」の作成を通じて、混雑緩和への協力を呼びかけています
  • お客様が直接手を触れる箇所と買物カートを、アルコールで拭き上げ実施。
  • 総菜のばら売りや試食販売の中止。
  • 店舗の出入口を開放するなど、店内換気の実施。
  • 感染拡大防止についての店内放送の実施。
  • 従業員の感染予防対策
    • 食品担当者と接客部門担当の従業員のマスク着用。
    • 体調チェックリストを活用し、従業員の体調管理を徹底 ※本社スタッフを対象に、スマホアプリを使った健康チェックをスタートしており、順次範囲を拡大していく予定

5月7日: 一部のイオンモールの営業再開および営業再開における感染拡大防止対策について
4月7日: 緊急事態宣言対象地域の店舗営業状況のお知らせ

各社取組ニュース

2020年10月1日

2020年9月28日

2020年9月18日

2020年9月9日

2020年8月31日

2020年8月6日

2020年7月31日

2020年7月21日

2020年7月20日

2020年7月14日

2020年7月6日

2020年7月3日

2020年6月30日

2020年6月24日

2020年6月23日

2020年6月15日

2020年6月12日

2020年6月5日

2020年6月4日

2020年6月3日

2020年6月1日

2020年5月31日

2020年5月29日

2020年5月28日

2020年5月26日

2020年5月22日

2020年5月18日

2020年5月14日

2020年5月13日

2020年5月12日

2020年5月8日

2020年5月7日

2020年5月6日

2020年5月5日

2020年5月1日

2020年4月30日

2020年4月29日

2020年4月28日

2020年4月27日

2020年4月26日

2020年4月25日

2020年4月24日

2020年4月23日

2020年4月22日

2020年4月21日

2020年4月20日

2020年4月17日

2020年4月16日

2020年4月15日

2020年4月14日

2020年4月13日

2020年4月12日

2020年4月10日

2020年4月9日

2020年4月8日

2020年4月7日

コメリの取組

  • 店内の混雑を避けるため、状況に応じて入場制限を行っています。来店客に向けて、短時間での買い物、オフピークタイムでの買い物、可能な限り一人での入店、マスク着用をよびかけています。
    → 混雑緩和に向けて、コメリのアプリ上で、混雑時間帯や商品の売場・在庫を確認できる機能を実装しています。

  • レジ待ちのお客様への間隔確保のお願い(目印を貼るとともに店内放送にて誘導)
  • レジ前、サービスカウンターなど対面でコミュニケーションが発生する場所において、エチケットシートを設置
  • 店内設備の定期的な消毒・清掃
    • レジのサッカー台、買い物カゴ、カート、貸出トラック等、複数のお客様の手に触れるものを、定期的に消毒
  • 従業員の感染予防対策
    • マスク着用の励行と手洗い、手指の消毒、うがいの実施
    • 店舗従業員の体調管理

4月30日:ご来店されるお客様への大事なお願い
4月22日:新型コロナウイルスに関する当社の対応について

三越伊勢丹の取組 (デジタル強化での打開)

百貨店業界は一部店舗で営業を自粛するほか、対面販売も制約を受けるなど、
大きな影響を受けています。こうした中、三越伊勢丹は安全対策として、来店者の検温のためのサーモグラフィーの設置や、ビニールカーテンの設置など店内環境の整備に取り組んでいます。

入店時検温のためのサーモグラフィー

また、三越伊勢丹は、デジタル施策への注力を通じ、顧客とのコミュニケーション強化を図ることを表明しました。商品やイベント情報をECと一元化するなどWEBサイトを刷新するほか、スマートフォン向けに最適化されたアプリを提供しています(6月より開始)。

アプリでは、顧客と販売員が直接つながるOne to Oneサービスの仕組みを搭載します。自宅からも、プロや馴染みのスタイリストへのチャットでの相談や、靴の3D計測サービス、事前来店予約サービスなどが利用できます。

また、安心と安全の強化のため、店舗の混雑情報の発信や店頭商品の事前決済等について順次対応します。

5月11日:三越伊勢丹グループ2 0年3月期決算説明会

島忠の取組

  • ソーシャルディスタンスの確保
    • レジ待ち間隔の確保のための目印設置
    • エレベーター内での目印設置
  • ビニールガードの設置
    • レジやカウンターに、透明の間仕切りを設置し、飛沫の飛散を防止
  • 店内設備の定期的な消毒・清掃、および店舗入り口に消毒液設置
  • 従業員の感染予防対策
    • マスク着用の励行と手洗い、手指の消毒、うがいの実施
    • 出勤前の検温など、店舗従業員の体調管理

4月24日:新型コロナウイルス感染防止の取り組みについて

ウエルシアの取組

※新たに追加された取組は赤字で記載

  • 7月下旬より、店舗別・曜日別・時間帯別のウエルシアグループ店舗の混雑状況が確認できるサービスの提供を開始しました。混雑度は前週同曜日のTカードデータを元に分析をしており、スマートフォン向けサービス「ウエルシアグループアプリ」から確認できます。
  • お客様に、ソーシャルディスタンスの実施と最少人数での来店を呼び掛けています。
    ※場合によって、店舗への入場制限があります。
  • レジ従業員とお客様との飛沫感染の防止
    • レジカウンターに透明仕切りの設置
  • 入口開放などによる換気の徹底
  • 従業員の感染予防対策
    • 従業員の毎日の体調チェック
    • 従業員のマスク着用と、手洗いの徹底

7月21日: ウエルシアグループ店舗の時間帯別混雑度チェックサービスをアプリで提供開始
4月29日: 感染症対策のお願い

来店タイミングの変化 ※流通経済研究所調べ

各スーパーでは、店内が混雑することを避けるため、ホームページやSNSを通じて、時間帯による混雑状況をグラフで示して、オフピークタイムでの買い物を呼びかける取組が広がっています。

一方で、在宅勤務の広がりから、「仕事帰りの買い物客」が以前よりも少なくなっています。
流通経済研究所の調査結果(※)によると、昨年と比べて16時以降の来店割合が減少しており、午前中の来店割合が増加しています。(とくに、商品の品切れを危惧した9時台の買い物客が増加しています)

※都内のあるスーパー(複数店舗)の、時間帯による来店割合を調査
※2020年3月と2019年3月の来店実績を比較した

ライフコーポレーションの取組

  • 「店舗の衛生環境の維持」と「従業員の体と心のリフレッシュ」を図る観点から、5月18日~ 21 日までの間、各店舗で1日間の臨時休業を設定しました。首都圏・近畿にある全275店舗が対象です。
  • 買い物優先時間の設定
    • 開店から一定の時間を、高齢者や妊婦、身体の不自由な方とその介助者への優先時間とします。
  • お客様への「3つのお願い」(少人数での来店、マスクをできる限り着用など)を、折込チラシなどで告知(内容詳細は下欄)。
    • お客様同士の距離が十分に保てないなどの混雑状況により、一時的に入場を制限する場合があります。
  • レジ前に並ぶ待機列の間隔確保
  • 現金以外の決済手段(クレジットカード、電子マネー、スマホ決済)の推奨
  • レストスペースほか、店内一部設備の使用制限、もしくは中止
  • 一部商品の販売点数の制限

5月7日: 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた臨時店休のお知らせ
4月26日: 店内混雑緩和に向けた取組みについて
4月10日: 緊急事態宣言にともなう当社の対応について

(4/23)「お客様への3つのお願い」を発表しました

1.店内混雑緩和のため、「複数名での来店」は出来る限りご遠慮ください
  ※状況により「入場制限」を実施
2.店内では他のお客様との距離を空けてください
  ※レジ前の待機列にはラインを引いています
3.来店時は出来る限りマスク着用の上、入店前には店頭備え付けの消毒液をご使用ください

※ 取組詳細につきましては、下記のプレスリリース(4月23日付)でご確認ください。
http://www.lifecorp.jp/vc-files/pdf/newsrelease/others/20200423message.pdf

スギ薬局の取組

  • スギ薬局は「名古屋大学病院店」にて、 サーマルカメラを用いた熱検知の取組を進めています。
    • カメラによるリアルタイム熱検知
    • 異常発熱を検知した場合、警告音と光で発熱の疑いを警告
  • このほか、室内の空気を殺菌する紫外線殺菌照射装置 AERO SHIELD(エアロシールド)を全9台(待合室に6台)設置しています。

セブン‐イレブン・ジャパンの取組

(店舗により実施状況は異なります)

  • 透明の間仕切りの設置
    • レジカウンターのお客様と従業員の間に、透明の間仕切りを設置し、飛沫の飛散を防止
  • イートインコーナーの座席の間引き
    • 座席を間引くことで席の間隔を確保し、お客様同士の空間を確保する
  • レジ待ち間隔の確保
    • ソーシャルディスタンスを確保するため、レジ待ちのスペースの床に、お客様同士の距離を空けていただく目安になるサインを設置
  • 出勤前の検温等、店舗従業員の体調管理や、マスク着用の励行と手洗い・手指の消毒・うがいの実施 (店舗ごとに、感染拡大防止に向けた様々な取り組みを実施)

※ 取組詳細につきましては、下記のプレスリリースでご確認ください。https://www.sej.co.jp/company/news_release/news/2020/2020040801.html

セブン-イレブン・ジャパンは、国内約2万1千店のフランチャイズ加盟店に向けて、1店あたり10万円の「特別感謝金」を支給することを決めました。
このほか、1店あたり6万円分のクオカードを「従業員特別手当」として配布します。 

 ※4月末の公表情報

ローソンの取組  

※店舗により実施状況は異なります

  • 店舗でのトイレ、ゴミ箱、灰皿の使用を一時休止とします(4/28より新たな取組としてスタート)。ただし、トイレの使用については下記のような対応となります。
    1.社会を支えるドライバーや、緊急の人などは従業員に声をかければ使用できます
    2.周辺のトイレ事情によって加盟店さん判断で使用を継続する店舗もあります
    3.使用休止期間は、緊急事態宣言が発動されている期間を目処とします
    4.トイレ使用時の感染防止を徹底するため、ソープ類を配備します

    ※一部店舗によっては、ソープ類が配備されてない場合もあります。
    ※サービス休止の案内は店頭でポスターおよびPOPなどで周知する形です。
  • 店舗ごとにお客様の来店データを分析して、「比較的混雑している時間帯」と「混雑が少ない時間帯」を明示したポスターを店頭に掲出し、安心して買い物できる時間をわかりやすく案内します(4/22より新たな試みとしてスタート)。
    ※店舗の立地(住宅街、駅前etc)によって混雑時間帯は異なります。それぞれの店舗の混雑時間状況を本部でデータ分析し、各店に応じた混雑時間帯の情報をポスター掲出する形です。 
  • ソーシャルディスタンスを啓蒙するポスター(1m以上間隔をあけることを推奨するポスター)を店内に掲示。また、レジ待ち時の立ち位置を床に表示
  • 入口ドアを定期的に開放するなど、店内の換気を徹底
  • お客様用アルコール消毒液の設置
  • 飛沫感染防止の為、レジカウンター部分にビニールシートの設置を推進(7都府県)

4月29日:トイレ・ゴミ箱・灰皿のご使用一時休止に関する対応について
4月21日:“分散・分離”で安全なお買い物を!―お客様へのお願いー

ツルハの取組

  • お客様に、ソーシャルディスタンスの実施と最少人数での来店を呼び掛けています。
  • マスクの販売方法を変更します(販売時間の変更)。
    • 品薄が続くマスクを求めるお客様で開店前から列をなすことが増えています。このため朝のマスク販売を取りやめ、営業時間内で不定期に店頭に陳列する方法に変更します。

5月14日: 感染症対策のお願いとツルハドラッグの取り組み
4月13日: マスクの販売方法変更のお知らせ

愛知県 「あいちの買い物ルール」を公表

大型連休に先立ち、愛知県は買い物に関する県民や事業者へのお願いを取りまとめた「あいちの買い物ルール」を4月24日に公表しました。
◆県民へのお願い
(1) 少人数(できるだけ一人又は必要最小限の家族のみで)
(2) 短時間(買い物メモを準備し滞在時間を短縮する)
(3) 咳エチケット等の徹底(必ずマスク着用・手洗い・入店前後の消毒を)
(4) 混雑時を避ける(すいている時間に、人との距離をあけて)
(5) 買いだめや買い急ぎはしない(必要な分だけ買うように)
(6) 毎日の利用はしない(2~3日に1回の計画的な利用を)

◆スーパー等、事業者へのお願い
(1) 混雑時の入場制限(買い物かごコントロール等)
(2) 人と人との距離の確保(入店・会計待ち時のテープ等による間隔明示等)
(3) 共用部の消毒・手指衛生(扉や手すりなどの消毒等)
(4) レジ前のパーティション(ビニールシートの活用等)

4月24日付 新型コロナウイルス感染症対策に係る「あいちの買い物ルールのお願い」について