入場に関する制限

※21年8月アップデート
8月以降、感染力の強いデルタ株の影響が広がっていることを受け、大手百貨店やショッピングモールでは、施設・館内への入場を制限する動きが出ています。

・高島屋は百貨店などグループ商業施設の食料品フロアで、混雑状況により入場制限を始めました(8月14 日以降より順次始め、期間は当面の間)。食料品フロアへの入場制限にあたっては、出入口の数を絞り込むほか、エスカレーター・エレベーターの稼働を制限するなど、各商業施設の利用状況に応じて機動的な対応に努めるとのことです。食料品以外のフロアでも、売場ごとの混雑の状況に応じ、レジ待ちの際の間隔確保や入場制限などの対応を図ります。

・大丸松坂屋百貨店では、館内の混雑制限に向けて8月14日以降より、入店制限を実施しています。店ごとに滞留顧客数の上限基準を設定したうえで、入店者数を制限します。これに伴い、店舗内の滞留顧客数を表示するモニターを店頭に設置し、混雑状況を可視化することにも取り組みます(モニター設置については整い次第、順次実施)。

・イオンモールでは、8月上旬より施設の大きさや換気機能に基づき、入場制限の基準となる「混雑度」を独自に算出し、スマホ向けアプリで常に広報するという対応を進めています。館内混雑度50%を目安とし、大幅な上昇が予想される場合は、出入口開放により換気を強化するほか、段階的に入場制限を実施します。
このほか各地域の感染状況に応じて、換気が十分にされているかを確認するため、フードコートにてCO2濃度の計測を実施します。
※写真はイオンモール川口で掲出されている、CO2濃度を計測するデジタルサイネージ(21年4月に取材撮影)

ノジマの取組

※21年8月アップデート
家電量販店のノジマは、ワクチンの2回接種が完了した従業員に対して「ワクチン接種済みシール」を発行し、接客時にシールを貼った名札を着用して接客する取り組みを今夏スタートしました。ノジマでは7月初旬よりワクチン接種を希望するノジマグループ全従業員とその家族に対し職域接種を進めていました。

コメリの取組

※21年5月アップデート

コメリ店舗では以下に掲げるような対策に取り組んでいます

  • レジのサッカー台や買い物カゴ、カートなど店内設備の定期的な消毒・清掃
  • レジ前、サービスカウンターなど対面でのコミュニケーションが生じる場所において、エチケットシートを設置
  • 従業員の感染予防対策
    • マスク着用の励行と手洗い、手指の消毒、うがいの実施
    • 店舗従業員の体調管理

店舗内でスムーズに買い物できるよう、コメリのアプリ上で、混雑時間帯や商品の売場・在庫を確認できる機能を実装しています。

新型コロナウイルスに関するコメリの対応(プレスリリース)

島忠の取組

  • ソーシャルディスタンスの確保
    • レジ待ち間隔の確保のための目印設置
    • エレベーター内での目印設置
  • ビニールガードの設置
    • レジやカウンターに、透明の間仕切りを設置し、飛沫の飛散を防止
  • 店内設備の定期的な消毒・清掃、および店舗入り口に消毒液設置
  • 従業員の感染予防対策
    • マスク着用の励行と手洗い、手指の消毒、うがいの実施
    • 出勤前の検温など、店舗従業員の体調管理

4月24日:新型コロナウイルス感染防止の取り組みについて

来店タイミングの変化 ※流通経済研究所調べ

各スーパーでは、店内が混雑することを避けるため、ホームページやSNSを通じて、時間帯による混雑状況をグラフで示して、オフピークタイムでの買い物を呼びかける取組が広がっています。

一方で、在宅勤務の広がりから、「仕事帰りの買い物客」が以前よりも少なくなっています。
流通経済研究所の調査結果(※)によると、昨年と比べて16時以降の来店割合が減少しており、午前中の来店割合が増加しています。(とくに、商品の品切れを危惧した9時台の買い物客が増加しています)

※都内のあるスーパー(複数店舗)の、時間帯による来店割合を調査
※2020年3月と2019年3月の来店実績を比較した

愛知県 「あいちの買い物ルール」を公表

大型連休に先立ち、愛知県は買い物に関する県民や事業者へのお願いを取りまとめた「あいちの買い物ルール」を4月24日に公表しました。
◆県民へのお願い
(1) 少人数(できるだけ一人又は必要最小限の家族のみで)
(2) 短時間(買い物メモを準備し滞在時間を短縮する)
(3) 咳エチケット等の徹底(必ずマスク着用・手洗い・入店前後の消毒を)
(4) 混雑時を避ける(すいている時間に、人との距離をあけて)
(5) 買いだめや買い急ぎはしない(必要な分だけ買うように)
(6) 毎日の利用はしない(2~3日に1回の計画的な利用を)

◆スーパー等、事業者へのお願い
(1) 混雑時の入場制限(買い物かごコントロール等)
(2) 人と人との距離の確保(入店・会計待ち時のテープ等による間隔明示等)
(3) 共用部の消毒・手指衛生(扉や手すりなどの消毒等)
(4) レジ前のパーティション(ビニールシートの活用等)

4月24日付 新型コロナウイルス感染症対策に係る「あいちの買い物ルールのお願い」について

つくば市の取組(買い物エチケットポスターの作成)

感染拡大防止の取り組みとして、買い物によって3密(「密閉」、「密集」、「密接」)状況を生まないように、「買い物エチケット」ポスターを作成し、つくば市内の大型店舗に届けています。

また、各事業者が自由に使えるように、ポスター素材をホームページ上に掲載しています。
※他自治体でも自由に使用できるように、市名の入っていない素材も紹介しています。

※ 買い物エチケットポスターの素材を、以下ページで紹介しています。
https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/1010123/1011713/1011968.html

グッディ(ホームセンター)の取組

  • レジ待ちのお客様への間隔確保のお願い(ポスター掲出や、目安サインを床下に)
  • レジにおける、透明の間仕切りの設置

  • 上記取組を各事業者でも独自でできるよう、ホームページ上で「必要な素材・ツール」を紹介しているほか(無料のダウンロード素材も)や、その作り方をわかりやすく説明しています。

※ 売場での感染対策で活用できる素材・ツールを、以下ページで紹介しています。https://gooday.co.jp/fair/?type=entry&id=10893

コストコの取組

  • 65歳以上および身体が不自由なお客様、または妊娠されているお客様を対象とした、特別営業時間の追加
    • 全国の倉庫店にて毎週火曜日と金曜日に午前8時から午前9時45分まで実施
    • 入店時には本人確認書類による年齢確認を実施
  • ショッピングカート、商品陳列棚、レジまわりの消毒
  • お客様と接する従業員はマスク及び手袋を着用

4月24日:営業時間変更ならびに65歳以上、お身体が不自由なお客様、ならびに妊娠されているお客様対象特別営業時間の追加についてのご案内

コストコは、パートタイム、アルバイトなどを含む全従業員約1万人に、総額約7億2000万円の「特別手当」を支給します。

 ※4月30日:5月4日~5月17日分の「特別手当」を総額約1億円追加支給すると発表
 ※4月17日:3月2日~5月3日分の「特別手当」を総額約6億2000万円支給すると発表

ニトリの取組

  • ビニールガードの設置
    • レジカウンターのお客様と従業員の間に、透明の間仕切りを設置し、飛沫の飛散を防止
  • カウンターの座席の間引き
    • 座席を間引くことで席の間隔を確保し、お客様同士の空間を確保する
  • レジ待ち間隔の確保
  • 店内設備の定期的な消毒・清掃
  • 店舗入り口に消毒液設置
  • 従業員の感染予防対策
    • マスク着用の励行と手洗い、手指の消毒、うがいの実施
    • 出勤前の検温など、店舗従業員の体調管理

4月27日:店舗営業状況のお知らせとご来店時のお願い
4月14日:緊急事態宣言に伴う店舗の営業と感染防止の取り組みについて

(4/27)「ご来店時のお客様へのお願い」を発表しました

1.ご来店時には極力マスクの着用をお願いします。
2.少人数でのご来店をお願いします。
3.できるだけ短時間でのお買い物をお願いします。
4.従業員がお客様と対面で会話する場合は、間隔をあけて対応します。
5.家具・オーダーカーテンはニトリ公式通販サイト「ニトリネット」でのご注文をおすすめしています。