従業員ケア


詳細はこちら

臨時休業の設定 (直近トピック)

新型コロナウイルスの感染拡大の中、食品などの生活必需品を販売しているスーパー等は営業を継続しています。その中で、店舗運営を支える従業員の健康などに配慮し、「臨時休業日」を設ける取組が広がっています。

  • スーパー大手のライフコーポレーションは、「店舗の衛生環境の維持」と「従業員の体と心のリフレッシュ」を図る観点から、5月18日~ 21 日までの間、各店舗で1日間の臨時休業をすることとしました。首都圏・近畿にある全275店舗が対象です。(休業日は店舗ポスターやHPで確認できます)
  • 阪急オアシスは従業員の健康等に配慮し、5月21日(木)に臨時休業をすることとしました。(一部店舗を除く)
  • イズミヤ(大阪)は、5月28日(木)に臨時休業をすることとしました。(一部店舗を除く)

報道機関へのお願い(食品スーパー団体より)

日本スーパーマーケット協会や全国スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会の食品スーパー業界3団体は、報道機関に対し、新型コロナにまつわる過熱報道を控えて冷静な買い物行動を生活者に呼び掛けてほしいといった旨(以下、3点)の要請をしました。

  1. 過熱報道を控え、お客様に冷静さを呼び掛けて頂きたい
  2. お店の営業継続の大切さをお客様に理解頂きたい
  3. 皆様にとってのお店の安心・安全を確保したい

品薄気味の店舗では、過剰な要求に追われるケースも増えており、各団体には現場従業員からギリギリの状態で業務を行っているといった叫びの声が多数寄せられているそうです。これは、報道メディアの先にいる生活者の皆様にも、ご理解をいただだきたい旨のお願いでもあります。

食品スーパー3団体による声明: 報道機関への要請(冷静な買い物を促す協力お願い)

労い

 新型コロナウイルスの感染拡大で一斉休校や外出自粛が広がり、スーパーを中心に来店客が増えています。このため通常より業務負荷が増大しているほか、子供の預け先がないパート従業員が出勤できないケースも広がっており、限られた人数で店舗運営を強いられているのが実情です(負荷がかかっている)。

 スーパー大手のライフコーポレーションは全国の従業員およそ4万人に対し、総額で約3億円の一時金を支給することを決めました。業務量が増えたことへの「感謝の手当て」という位置づけです。 米国のウォルマートやクローガーといった大手小売業でも、新型コロナの感染拡大において、店舗で働く従業員への感謝の意を込めて、特別ボーナスを支払う動きが広がっています。

※ライフコーポレーションは首都圏や関西で275店舗を展開。

以下は主な各社による特別手当など従業員支援の動き
(ニュース等で伝わる情報を基に編集)

  • イオンは緊急事態宣言の対象となった7都府県の店舗で、パートやアルバイト従業員に一律1万円の手当を支給することを決めました。
  • スギ薬局はすべての従業員2万6000人に対し、特別手当を支給しました。
  • 首都圏でドラッグストアを展開するトモズは、役員を除く社員とパート、アルバイトの従業員およそ3800人に対し「感謝金」を支給します。支給額は、社員が一律2万円、パートとアルバイトは1万円で、4月中に支給する予定です。
  • カワチ薬品はパート社員を含むすべての従業員6606人に対し、「感謝金」を支給しました。
  • 中国地方でスーパーを展開するハローズは、従業員約8200人に5月、6月と2回にわたって支援金を支給します。支給額は正社員と嘱託社員で1万円、タイム社員(社会保険加入のパート)は6000円、アルバイトは3000円と雇用形態により異なります。
  • 山口県を中心にスーパーを展開する丸久は、全従業員に「特別慰労金」1人一律5000円を支給します。また、従業員による買い物割引制度の割引率を5%→10%に引き上げ(6月まで)、福利厚生面のサポートを拡充します。 本件のニュースリリース
  • 宮城県を中心にスーパー・フレスコキクチを展開するフレスコは、店舗従業員やアルバイト社員約900人に対して、計約900万円の「感謝金」を支給します。
  • 新潟県を中心にスーパー(原信ナルス、フレッセイ)を展開するアクシアルは、アルバイトを含む社員約1万6300人に対して、特別休暇1日の付与と御見舞品(雇用形態別に2000円~5000円のグループ共通商品券)を支給します。
  • エブリイは、アルバイトを含む従業員約4500人に対して、「ヒーローボーナス(感謝金)」を計約7000万円支給します。(4月分に加えて、5月に2回目の支給を行うことを発表)
  • 家電量販店大手のエディオンは、従業員の労をねぎらうとして、すべての従業員に対して一時金を支給することを決めました。支給額は雇用形態によって変わるとしていますが、平均では1人当たり3万2000円ほどになります(5月に支給予定)
  • ミスターマックス・ホールディングス(福岡市)は、店舗勤務の全従業員や、店舗施設の衛生業務に従事する清掃スタッフに対して感謝金を支給します。正社員・常用パート社員に1万円を、一般パート社員・アルバイト社員・清掃スタッフに5000円を支給します。
  • コストコはパートタイム、アルバイトなどを含む全従業員約1万人に、総額約10億円の「特別手当」を支給します。(3月~6月で、計3回支給)
  • ジョイフル本田は全従業員約5500人(パート社員約2300人含む)に1人当たり3万円の特別報奨金を支給します。
  • コメリはパート・アルバイト従業員約1万5000人に対し、特別慰労金を支給します。
  • 西友は現場の全従業員3万3500名に対して、3億5,000万円の特別一時金「スーパーヒーロー・ボーナス」を支給します。
  • オーケーはパート・アルバイト社員を含む従業員約1万7000人に対し、総額約4億2000万円の特別手当を支給します。(4月分、5月分に加えて、7月に3回目の支給を行うことを発表)
  • 関西スーパーマーケットは5月上旬、アルバイトを含む全従業員へ「感謝特別支給金」を支給することを発表しました。対象者は、子会社を含む全従業員約5800人で、社員はグレード別で2万円~5万円、パート・アルバイトの時間給者は緊急事態宣言期間(4月7日~5月6日)の稼動に対し、1時間当たり100円~150円支給します。
  • セブンイレブンは、国内2万929店に、1店あたり10万円の「特別感謝金」を支給します。また、1店あたり6万円分のクオカードを「従業員特別手当」として配布します。