感染予防 


詳細はこちら

店頭での自主検温 ※21年5月アップデート

中型~大型店舗を中心に、店舗入り口に非接触の検温計を設置し、
来店客に検温を促す店舗が増えています。
スピーディーに検温できるほか、体調に違和を感じる人の
来店を自重させる効果もあり、感染リスクの低減に一役買っています。

21年4月にオープンした「イオンスタイル千葉みなと」の店舗入り口に設置された非接触型の体温計測器

ソーシャルディスタンス(レジ前の間隔確保) ※21年5月アップデート

スーパーやコンビニなどのレジ前は、混み合うスペースとなります。お客様に
一定間隔を空けて待機を促すよう、距離を空ける目安の足型サインを設置
する取り組みが標準化しています。
※ お客様の間でも、「レジ待ちでは前との間隔を空けよう」という意識が浸透して
おり、床面の足型サインはその意識づけに一役買っています。

消毒・清掃

接触箇所の消毒・除菌

 お客様が手を触れることが多い箇所(買物カゴなど)は、他者と間接的に接触する形となります。買い物カゴの取っ手や買い物カートのハンドル部分、手すりなどをアルコールで拭き上げる処理が、多くの店舗で行われています。
 なお来店客が多いイオンでは、自動で買い物カゴを除菌する装置(通称:ジョキンザウルス)を2020年末より一部店舗で導入し、衛生管理に努めています。

 【補足】 あるスーパーでの工夫

 21年春にオープンした「マルエツ船橋三山店」では、除菌スタンドを売場内にも設置しました。店舗入り口に除菌スプレーなどを設置する店は多くありますが、売場にも設置する店はあまりありません。マルエツ船場三山店では売場でも除菌できる箇所を設けることで、安心して買い物できる環境を整えました。 

※ 流通経済研究所が20年末に実施した買い物調査では、感染への警戒意識から、「商品を手に取ることを極力控えている」との声が少なからず聞かれました。店内でも、消毒できる箇所を設けることは、お客様にとっても安心かつ便利と言えます。

マルエツ船橋三山店(21年春オープン)の精肉コーナーに設置された消毒スタンド

接触防止対応

レジ前の「透明の間仕切り」の設置

レジ清算ではお客様と店舗従業員との距離が近づく形になります。

大手コンビニや一部スーパーでは、レジ前に透明の間仕切りを吊り下げ、飛沫の飛散を防ぐ取り組みを進めています。

コロナ対策の店内ツールや作成ノウハウ 

レジ待ち時の間隔確保のお願い(ポスターや床の目安サイン)や、レジでの透明の間仕切り設置が、各社で進んでいます。一方、小規模な事業者が対応するには、負荷が大きいのも事実です。

こうした中、ホームセンターのグッディでは、上記取組を各事業者でも独自でできるよう、ホームページ上で「必要な素材・ツール」を紹介しているほか(無料のダウンロード素材も)や、その作り方をわかりやすく説明しています。

https://gooday.co.jp/fair/?type=entry&id=10893

  

「コイントレー」を用いた現金の受け渡し

レジ清算時には、お客様と店舗従業員が現金を受け渡す場面が生じます。

ファミリーマートでは、現金受け渡し時の接触機会削減のため、手渡しを避け、コイントレーの使用を励行しています。

商品の陳列

惣菜販売の「バラ売り」から「パック詰め・袋詰め」への変更 

スーパーでは惣菜のバラ売りを取りやめ、パック詰めや袋詰めなどに変更して販売する動きが広がっています。